人口の少ないフィンランドの国土は、息をのむような美しい自然に彩られています。ファッツェルブランドは、北欧の一角に位置し、おとぎ話の世界のような森林や青々と輝く湖に彩られたこの地で育まれてきました。

自然との密接な関係

フィンランドの人々は、一様に自然との間に緊密な関係を築き、またとない景観をリスペクトしています。この景観は、フィンランドを代表する数々の輸出品のインスピレーション源となっています。ファッツェルの創立と沿革は、北欧というブランドのルーツに深く根差していま

サンタクロースの故郷

この「千の湖の国」には、188000にのぼる湖があります。夏場になると、多くのフィンランド人が家族で郊外のコテージに移り、魚を釣ったりベリーを摘んだりしながらのんびりとしたひとときを過ごします。冬を迎えたフィンランドは、あたり一面雪に覆われたおとぎの国に変貌します。松の木々もすっぽりと雪に包み込まれた姿を呈します。ラップランド地域は、サンタクロース - フィンランド語ではJoulupukki (ヨウルプッキ)の故郷として知られています。クリスマスの休暇になると、多くの家族がサンタとトナカイに出会いにサンタの暮らすロヴァニエミの村を訪れます。

癒しの空間サウナ

国の文化と伝統に深く根差したサウナは、フィンランドを代表する輸出品に数えられます。何世紀にもわたり、心身を浄化する作用とともに親しまれ、このサウナでビジネスミーティングが開かれることさえあります。勇気あふれるフィンランド人は凍りついたプールや氷の張った湖に飛び込み、サウナの効能をフル活用しています。

魅惑のオーロラ 

オーロラ・ボレアリスあるいはノーザンライツと呼ばれるオーロラは、フィンランドにおける魅惑の景観のひとつです。地域によっては、年間に200夜以上もカラフルな光の現象が繰り広げられます。このまたとない光のスペクタクルを一目見るために、世界中から人々がフィンランドを訪れています。